2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿なナショナリズムかもだけど - 2011.05.10 Tue

英仏海軍の違いを表した言葉に、「英国は砲を積みすぎ。仏国は人を積みすぎ」
というのがあります。
両国の違いを考えてみましょう。

フランス海軍は造船技術は世界一だったのですが、
フランス革命時に王党派の海軍士官を多数ギロチンにかけました。
そのため、海軍の質が低下し、それを補う為に船を大型化して船員を多く乗せました。

さらに長期間軍港を英国艦隊に封鎖されて、
外洋での訓練が行き届かず、封鎖を突破しても練度に劣ってしまい、
訓練不足を補う為に斬り込んで白兵で勝利する方法を考えました。

一方、英国は小さな船に重武装を施し、
砲撃・混白・拿捕という作戦になりました。
実は英国人は英国で造船された船を嫌って、
世界一の造船技術であるフランス船を拿捕して
世界一の操船技術を持つ英国人が操る事を望みました。

度重なる戦争で英国のオークの森が消滅したのも理由のひとつでしょう。
木材が不足し、老朽化した船は不意に底が抜けて沈没したりしました。
1782年に艦隊旗艦ロイヤルジョージが船員900名を道連れに突然沈没したという事件もあります。
真新しいフランス海軍の船は、英国人から羨望の眼差しで見られていたようですね。
今私は将官用コルベットに乗ってますが、
砲の過積載は英国仕様ですがコルベット自体はフランス独特のもので、
英国のフリゲートに対抗して、スループ艦の船体に小型砲を大量に積み込み、
多数の船員を乗せている船をコルベットと呼びました。

なかなか英国人には理想的な仕様です。快速で風上への切り上がりに優れた船。
乗るのは自称英国海軍士官。

他国の船がどうやろうと知りませんけど
私は英国海軍RPに頑張りますよ~。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jackjack0517.blog9.fc2.com/tb.php/122-d5342049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイトルなし «  | BLOG TOP |  » PKK持論

プロフィール

ホレーショネルソン

Author:ホレーショネルソン
大航海時代オンライン
E鯖の住人ホレーショネルソンの
海事フェチ日記です。

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (349)
ジャックの無意味な海事教室 (9)
企画物 (2)
戦闘 (13)
イベント (16)

BGM

presented by パッヘルベルによろしく

タロット占い

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。