2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日常の一コマ(でもやっぱり対人戦) - 2012.03.05 Mon

週末も危険海域である東アジアを哨戒するジャックです。
海域検索ではPKの姿は無し。代わりにPKKが数名ヒット。
平和な東アジアにPKKも減った昨今。PKKもまた絶滅危惧種なのでしょう。
模擬や大海戦の知識は今後も継承されていくのでしょうが、
危険海域における遭遇戦の知識は今後廃れていくのでしょう。
さて、長崎から堺に移動中、背後からPKKが追跡していました。
フランスのロイヤルフリゲート。MAX鄭式砲搭載の重量砲撃船です。
出港早々面倒な相手に遭遇したものです。
今日はその一連の戦闘を書きますね。

正直、よく懲りもせずに連日戦闘を続けているジャックに
みんな呆れてるようですがww

堺に入港しようとするジャックを遠間からPKKが仕掛けてきます。
場所は高知沖。堺まではまだまだ距離があります。
すぐさま重量・弾道・速射を発動。敵よりも早く砲撃を開始します。
こちらの砲撃はダメ5、PKKの砲撃はダメ200~300。
まともに戦えば勝ち目がありませんね。それにしても火力・速力・貫通力・
レベル・スキル・防御力・船員数、全てにおいてスパコルを上回るとは
ロリゲも侮れない存在です。
しかし、先行するスパコルが風上から敵を射程内の端に捉えた状態の
同航戦です。これが快速の突オスであってもこの位置においては
スパコルを捉えることなど不可能。Pスキルの差が船の能力の差を
埋めてくれています。

そのまま3回の戦闘を凌ぎ、堺の安全圏内に逃げ切るジャック。
危険海域での戦闘はビリビリと緊張しますね。この心地よさは
たまらないですね。圧倒的戦力差をPスキルで乗りきるという
楽しさは、他では味わえないです。

堺で休憩し、資材を積み込んで再び出港。
長崎沖に到着します。すると周囲にはアイアンサイズ2
ロリゲ1三層甲板ガレオン1。いずれもレベル70以上。

4対1は敗北必至。2対1でも被せられれば確実に敗北。
しかもすべての敵艦が重量砲撃付きという念の入れ方です。
出港の機会を伺うジャック。湊の中で待機しようと思わないのは
私の悪い癖ですね。

しばらく停泊していると、海域で海賊被害の報告が流れます。
かわいい海賊さんの登場です。PKKが一斉に姿を消します。
それに乗じて長崎を出港して堺に向うジャック。

洋上で遭遇すれば、PKK船はスパコルよりすべてにおいて有利。
ここで堺沖に行くジャックの無謀さを楽しみながら
再び高知沖に向います。堺より出港してくるクリッパを視認。
襲撃すべく風下に向うジャックが後方にみたものは

ロリゲ!素晴らしい快速で追走するPKKを見て
一旦南に舵を切るジャック。するとさらに後方から現れるアイアンサイズ。
先日チェニス沖で仕掛けてきた賞金稼ぎです。
格上2隻相手に堺まで逃げ切れるか、勝負に出るため
舵を一気に北東に切ります。
この操船によってスパコルを追い抜いて南側に取り残された
ロリゲが遠くから仕掛けてきます。
相変わらず操船が粗い。アイアンサイズがいなければ
ここで一気に雌雄を決してやりたいところですが
まずは虎口を脱するのが先決です。
一気にロリゲを引き離して戦闘ラインを離脱するジャック。
そのまま点滅状態を利用して水を開けるスパコルに、
今度はアイアンサイズが仕掛けてきます。
距離はそれなり、これは逃げれる距離です。被せを気にして一気に
ライン際に撤退。追撃してくるアイアンサイズに砲撃を続けます。
ラインの外ではロリゲが待ち構えています。
この状態で援軍に来てもすぐさま撤退できる位置。
ジワジワと近づいてくるアイアンサイズと距離を置きながら
徹底してクリを狙い続けます。すると向こうは直撃阻止を発動。
うっはw!本気だしてくるのね。じわじわと進路を南に移動しながら
アイアンサイズがライン際を追走してくるのを誘います。
しかし敵はライン際に寄らず、あくまで距離を保ったまま
こちらを追撃してきます。副官の奇襲攻撃策は通用しないようですね。
諦めて再び距離をおいて砲撃を続けるジャック。
ここでアイアンサイズが意を決したらしく、一気にこちらに接近してきます。
極端な旋回で悪寒が走るジャック。即座にラインを割って撤退します。
そのままロリゲに接近し、ロリゲのドーナツ型戦闘可能エリアの内側に入って
並走するジャック。このまま逃げ切れるでしょうか?

すると再び戦闘開始!背後から迫るアイアンサイズが仕掛けてきます。
開始直後から援軍要請するアイアンサイズ。距離はまだ不十分。

被せが来る!

ジャックの前方を塞ぐように戦闘エリアに突入してくるロリゲ。
遂にタイマンを諦めたPKK二隻に挟まれ、絶体絶命です。
ロリゲと接舷。白兵戦に入るジャック。アイアンサイズが背後より猛追します。
副官を召集するも、敵は即座に撤退。艦尾を振ってアイアンサイズの抜けクリを
かわします。前方からはロリゲが艦首クリを狙って強引に進路を塞ぎます。
これをかわそうと艦首を振ったタイミングでアイアンサイズの艦尾クリがヒット。
文句なしの艦尾クリでスパコルは撃沈されました。

みゅ~~~!虎口を脱しきれなかった(><;
そのまま堺に入港してアイアンサイズにTELL。
ジャック「見事な艦尾クリだったね」
賞金稼ぎ「2対1だから素直には喜べないね」まあそうだろうね。
あれで逃げ切っていたらもう拍手喝采物です。
接舷した時にもう少し撤退を食い止めて、副官・海軍一斉投入まで
持っていけないジャックもまだまだなんですけどね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jackjack0517.blog9.fc2.com/tb.php/256-c1b3c2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スカラゲック海峡の遭遇戦 «  | BLOG TOP |  » 無限白兵

プロフィール

ホレーショネルソン

Author:ホレーショネルソン
大航海時代オンライン
E鯖の住人ホレーショネルソンの
海事フェチ日記です。

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (349)
ジャックの無意味な海事教室 (9)
企画物 (2)
戦闘 (13)
イベント (16)

BGM

presented by パッヘルベルによろしく

タロット占い

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。